家造り、転ばぬ先の杖‣最終

山口県宇部市の注文住宅ならトータルハウジング

スタッフブログ

家造り、転ばぬ先の杖‣最終

2018年 06月 07日 (木)

このシリーズも終わりになります。全国展開をしている大手ハウスメーカーや地元でもそれなりに大きいハウスメーカー。山口県内にも多くあります総合住宅展示場にモデルハウスを出展している住宅会社の住宅価格が高い事は皆さんご存知と思います。

総合住宅展示場にモデルハウスを出展するという事は私の予想ですが、一年間におそらく『億』に近い経費がかかっているのではないかと思います。ハウスメーカーのそれぞれの営業所には何人かの営業がおり、受付の女の子もおります。それらの経費は一体誰が払うのか…?。

当然、そのハウスメーカーで家を建てられるお客様がご自分の家の価格にそれらの経費を上乗せして支払っておられることになります。

私共の様な小さな住宅会社でさえ経費を頂かなければ会社を運営して行く事ができません。お客様の立場に立てば、住宅を建てようとした場合、その会社に支払う『経費』や『利益』はなるべく少なくしてもらった方が有難いはずです。その住宅会社に支払う『経費』や『利益』が少なければ、住宅建築費として同じ金額を支払われたとしてもお客様ご自身の住宅に使用される設備や建材等がより良い物になります。キッチンやユニットバスなどをよりハイグレードな物にしたり、半ばあきらめていたという『無垢材』を使用したり、自然素材の『珪藻土』や『漆喰』を使ったり、一部の壁に『石』を張る事さえも出来る様になるでしょう。

大手ハウスメーカーや住宅展示場にモデルハウスを出展している住宅メーカーは、この『経費』がとても多くかかり、さらに『利益』を含めると、お客様が『全てご自分の家に使われるお金』と思って支払われる住宅建築費総額の半分近いお金がその会社の『経費・利益』として取られ、残りの金額でお客様の家が建てられると思って頂いてよいと思います。

住宅展示場も持たない、営業マンもいないと云う私共の様な会社が割安で、展示場持っている住宅会社が割高なのは、この『経費』が多くかかり』それに加えて利益も十分なまでに確保しているからです。少しでも内容が良い家を造られたいと思われるなら『無駄な経費』がかからない私共の様な住宅会社の依頼されるほうがよりお得だと思います。

 

 

«

»