山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

社長ブログ

パワービルダーってなに?

2020年 04月 04日 (土)

住宅業界では、

一部の住宅会社を「パワービルダー」と呼んでいます。

どのような住宅会社がパワービルダーと呼ばれているのかというと、

簡単に分類すると、

ローコストで家を建てることができる住宅メーカーになります。

建物価格は1,200万~1,700万円くらいで建てることができて、

土地とセットで販売するパターンがほとんどです。

土地を大量に仕入れて一気に販売するというイメージが強いようです。

 

 

建物は少し小さめの家になりますが、

できるだけ予算を抑えてマイホームを手にしたいという方には、

パワービルダーという選択肢もあると思います。

パワービルダーのほとんどは、

自社で土地を購入し分譲するため、

たくさんの家を建てることができます。

 

価格を抑えることができる理由は、

建築資材を大量に仕入れてコスト削減している点や、

作業の効率化、工期の短さによる人件費のカットがあります。

手抜き工事というわけではなく、

ある程度家の構造や間取りにルールを設けていて、

その通りに施工を進めていくので、

比較的簡単に建てることができるため、

職人の質もそこまで追求しなくても良いという点も、

低価格で提供できる理由にあります。

 

 

そのため自分たちの家オリジナルの間取りや、

他にはない間取り、住宅設備などを希望されている場合は、

パワービルダーで叶えるのは難しくなります。

 

パワービルダーはできるだけ早く完成させたい方、

そんなに家に対する希望やこだわりが無い方、

費用を抑えたい人におすすめかなと思います。

 

 

片付けしやすい部屋の工夫

2020年 03月 28日 (土)

お子様がいらっしゃるご家庭では、

子どもが部屋を散らかした後に、

片付けてくれないと悩んでいる方も、

多いのではないでしょうか。

 

子どもの遊んだおもちゃが、

床に散乱しているという状況を、

できるだけ減らすために、

子どもが片付けやすい仕組みを、

考えることがポイントになってきます。

 

これは、子どもに限らず、

部屋を整理整頓するうえで、

大切なポイントになってきますので、

心がけてみてください。

 

 

子どもに片づけをしなさいと言っても、

どこにどう片付けて良いのか分からない場合があります。

 

モノの居場所をきちんと分かるようにしてあげることで、

元の場所に戻す癖が身につきます。

 

片付けてと言うのではなく、

「元の場所に戻してね」と伝えることも心がけてみてください。

元に戻す場所が分かると、

お子様も片付けしやすくなります。

どうやったらいいのか分かってきますので、

モノが散らかることも少なくなっていきます。

 

 

また、

できるだけ少ない動作で、

元に戻せるようにするということも大切なポイントです。

モノを取り出したり、

片付ける時の動作が多いと面倒に感じてしまいます。

 

時間がかかってしまうと、

そのまま出しっぱなしでも良いかなとなってしまいがちなのです。

良く使うものならなおさらそうなるでしょう。

地震対策の構造。

2020年 03月 21日 (土)

地震による被害をできるだけ少なくするためにも、

耐震性のある家を建てることは重要です。

マイホームを購入される、

建設される予定の方は、

耐震性もチェックして検討して欲しいと思います。

 

最近では、

地震発生の頻度が高いので、

繰り返し地震が発生しても耐えられる家づくりが求められています。

地震に耐えることができる家とは、

どんな特徴があるのでしょうか。

 

 

まず1つ目は、

耐震構造で建てられている家かどうかという点です。

耐震工法を用いて、

家全体の強度を高め地震の揺れに強い家にしています。

3段階の強度設定がありますので、

等級3の家であれば大きな地震にも耐えられると言えるでしょう。

ただし、

耐震工法で建てられた家が、

何度も何度も地震被害にあった場合、

耐えきれるかどうかは分かっていません。

 

2つ目は免震構造です。

これは、

免震装置を取り付けることで、

建物に揺れが直接届かないようにしています。

建物を地面から絶縁することができ、

地震の揺れが伝わらないようになっています。

ただし、

横揺れには強いのですが、

縦揺れが来てしまうと弱いとされています。

 

 

3つ目は制震構造になります。

建物の内部に振動を軽減させる装置をつけることで、

地震の揺れを抑える働きがあります。

繰り返しの地震にも効果があるとされていて、

近年導入されているケースが多いです。

 

 

地震に強い家に住みたい、

耐震性を高めたい場合には参考にしてください。

«