山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

社長ブログ

意外と大事なコンセントの配置 

2019年 07月 08日 (月)

 

注文住宅を建てたご家族のお話しをお伺いすることも多いのですが、「失敗したなぁ」と感じることの1つに、「コンセントの配置」が結構あるように思います。設計の段階でコンセントの配線や位置を深く考えていなかったため、実際に使ってみると、使いづらいという声が意外と多いようです。 

 

マイホームを建てる際には色々と考えることがあります。間取りのこと、予算のこと、デザインやコーディネートなど、考えないといけないことがいっぱい、ついついコンセントの位置や配線まで意識していないことが多くなってしまいます。ほとんどの方が、住宅会社にお任せといった感じでは無いかと思います。 

 

しかし、コンセントの位置は結構重要です。例えば冷暖房器具を設置する際に設置したい場所からコンセントの位置が離れていたらかなり長いコードが必要になってしまいます。延長コードを使用したり、タコ足配線になってしまう家電が多くなるとタコ足配線によっておこる火災もあるので注意しなければいけません。コンセントが無いために使いたいものを設置できなかったというケースもあるようで、どの部屋に何個のコンセントをつけるのか、どの位置につけるのかはマイホームを建てる際にちゃんと考えたほうが良いことが分かります。 

 

コンセントの位置で家事導線も変わってきます。家事がしやすい家にするためにもちゃんと考えたいですね。パソコンなど通信機器もたくさん使うと思いますのでしっかり考えてコンセントの場所や数を決めましょう。 

注文住宅は時間が掛かります。

2019年 07月 03日 (水)

 

注文住宅は完成までに、結構な時間が必要になってきます 

 

注文住宅の完成までにかかる平均的な期間は15カ月程度と言われていますので、家づくりを始めようと行動し始めてから家が完成までに1以上かかってしまうということになります普段お客様と打ち合わせをさせていただいていると、意外とみなさん知らないようで、ビックリされる方も結構いらっしゃるんです。 

 

どうしてこんなに時間が掛かるのかというと、注文住宅の場合は、既製品を購入するわけではないため、家づくりをしよう!と思い立ってから、どのような家にしようか、工法や間取り、住宅設備はどうしようかなど、1つ1つご家族の想いをカタチにしていくため、どうしても時間が掛かってしまいます。もちろん、個人差はあるので、3ヵ月くらいでパパッと決めてしまうご家族もいらっしゃいますが・・・。 

 

平均的な期間では、まず、情報収集の期間が6ヶ月くらいかかると言われ、この期間の中には、どんな家にしたいのか、どんな生活を送りたいかなどを家族で話し合う期間も含まれます。その後、住宅会社との打合せ、資金計画、工事のための具体的な打合せに6カ月程度かかり、その後、実際に工事を行っていきます。工事は家の大きさや工法、間取りによってかかる時間が異なるため、一概には言えませんが、大体3ヵ月程度で完成するとお考えいただければ間違いないかと思います。 

 

情報収集で6カ月、具体的な打合せで6カ月、工事期間で6カ月が平均的な期間と言われていますが、ご家族の考えによっても大幅に変わる可能性もあるので、参考程度に覚えていただければよいかもしれません。 

屋根と防水シート張り

2019年 07月 02日 (火)

山口市阿知須の平屋の新築工事の現場です。先週の事になりますが、屋根瓦工事が終わり、樹脂サッシを付け防水シートを張りました。

内部は、電気配線工事をひとまず終えています。明日から水道配管工事に入ります。先日、現場で打ち合わせをさせて頂き、電気配線の追加や変更などのご要望がありました。後日、ご要望の通りの変更工事を行い、12日に再度ご確認をいただきます。その後、天井下地を造り、セルロースファイバーを吹き込む前のセルロースシート張りや、板打ち等の施工に入りたいと思います。

写真は、サッシを付け防水シートを貼った外部、天窓を付けた三州平板瓦を葺いた屋根、天窓を付けたロフトです。

 

 

«