社長がヒアリング、設計、そして社長が造る家

山口県宇部市の注文住宅ならトータルハウジング

スタッフブログ

社長がヒアリング、設計、そして社長が造る家

2018年 04月 01日 (日)

久々のブログです。およそ2年ぶりになります。

私は、お施主様から『家づくりって、こんなに思い描いていた通りにできるものなんですね』とよく言われます。

その訳はどうしてか、と申しますと、私が、一番最初のお施主様の出会いから、どのような家を望んでおられるかという『ヒアリング』から行い、ラフプランの作成や総合的なアドバイスをさせていただき、お施主様のご納得を得て本設計、積算、予算組の全てを人に任せず己の責任をもって行っているからなのです。

しかしながら、これだけではお施主様の完璧なご満足は到底いただけません。

私がいつも言っている『お施主様の歩調に合わせた家づくり』を実践しているからなのです。

住宅会社の多くは、契約後の打ち合わせで家づくりの全てを決め、決定後の変更は原則としてできません。どうしても変更したいときは、莫大な変更工事代金を支払うことで変更することが出来るとのことです。

弊社も、構造耐力上の変更は、なるべくなら避けたいところですが、その他の造作上の変更やご要望は、棟上げ後、実際にお施主様に建物の中に入っていただいて、スケール片手に完成予想図を手書きで書きながら一つ、一つ現場で打ち合わせをしながら造っています。

お施主様が理解できる段階になってその場で打ち合わせをする…、これが『お施主様の歩調に合わせる』という事だと思います。

実際の製作途中の現場を見ながら打ち合わせを行い、そこで決まったことをその通りに造っているから当然最初のお言葉をいただけるわけなのです。

社長が現場でお施主様と打ち合わせをし、決まったことを確実に作る。さらにお施主様の想像以上の物が出来上がっていれば、100パーセントを超える満足度をいただけることはお分かりであろうと思います。

社長が最初から最後まで責任をもって家づくりをする。これがわが社の強みです。

«

»