山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

鉄筋検査と木材検査

2009年 01月 19日 (月)

おはようございます。山口県宇部市で自然素材をたっぷりと使用した健康住宅をお届けしているトータルハウジングの坂田です。

今日、県の木材センターによる優良県産木材を認証する為の木材検査が製材所で、日本ERYによる鉄筋検査が現場で行われます。

木材検査がOKになると木材は製材所へ廻されます。鉄筋検査がOKになるとベタ基礎の土間コンクリート打設です。

外周部分が約50メーターもあり、深さが35センチ以上、幅が約50センチありますので、そこだけでおよそ9立方メートルの生コンクリートが必要になります。内部でも15センチ以上の厚さがありますので、およそ16立方メートル、合計25立方メートルのコンクリート打設になります。

大型が入りませんので小型の生コン車で15台以上になると思います。

鉄筋完了.JPG

ダブル断熱+気密+遮熱の家づくり 有限会社トータルハウジングのホームページへ

«

»