山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

工事現場前のイルミネーション

2008年 12月 14日 (日)

おはようございます。宇部市で自然素材と断熱にこだわった家づくりをしているトータルハウジングの坂田です。

昨日、建物の配置確認や造成の打ち合わせの為、現地でレベル確認や縄張りを行いました。午前に作業をして確認いただき、夕方から工事工程などを煮詰めました。

打ち合わせが終わって帰宅しようと思いましたら、現場の道路向かいが宇部市内では有名な『クリスマス・イルミネーション』のお宅でした。このお宅は何年も前からこの時期になるとイルミネーションを点灯されています。地元の新聞にも紹介され、暗くなると道路沿いには車が何台も止まって、見物客で賑わっています。

イルミネーション.JPG

私が写真を撮影した時も車が5~6台、10数人の見物客がいましたが暗いため写真には写っておりません。でも真正面に数人が立って見ていた為、イルミネーションの全てが写っているわけではありません。

来週からは現場に毎日行きますのでいつかは完全な写真が撮れることでしょう。何時から点灯されるかは知りませんが、薄暮ですと建物の全景も写ってさらに良いのですが……。

このたびの現場は、山口県産の優良木材を使用して県の補助金を受け取れる住宅で、工法はもちろんセルロースファイバーを使用した『ダブル断熱・ストロング工法』です。付け加えて基礎を外断熱とし、気密を取り床下暖房システムを導入しています。

テレビコマーシャルで良く流れている『帰りた~い、帰りた~い、あったかハウスが待っている』というセキスイOOOでも使われているシステムですが、弊社ではそのシステムが持つ熱効率を数段アップした施工を行います。

同じシステムを使用しても、全国一律の大手ハウスメーカーでは絶対にまねの出来ない小回りの利いた施工でそのものが持つ性能をさらにアップする。地場でこだわりを持つ弊社でなければ出来ないオリジナル工法として広めて行きたいと思っています。

«

»