山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

スキップフロアについて

2021年 02月 08日 (月)

老後のことも考えてマイホームを作る場合、

「バリアフリー」は気になるかと思います。

 

その一方で、土地があまり広くないため、

できるだけ広く感じられるように、

スキップフロアを設けたいというケースもあります。

 

一般的には、

段差のないバリアフリー住宅が人気傾向ではありますが、

段差を上手く利用して、

上り下りで鍛えられるから健康的で良い!

という声もあるようです。

 

スキップフロアが注目されているのは、

空間を有効活用できるという点が大きいと思います。

階段はありますが、段数は少ないので、

1回の上り下りはそこまで大変ではありません。

 

スキップフロアは、

同じ空間の中で段差を作って空間を広く見せています。

1階半ができるというような感じです。

 

半階上げる、半階下げることで、

空間に仕切りが作られるので、

お部屋の数が増えたように見せることができます。

 

さらに壁の一面だけ色を変えることで、

空間にメリハリを出すことも可能です。

 

スキップフロアを設けると、

家族の様子がより把握しやすくなると言われており、

コミュニケーションもとりやすくなります。

 

スキップフロアは様々な活用の仕方ができるのも魅力的です。

狭い土地でもスペースを十分に活用したいという人は、

スキップフロアについて検討されてみてはいかがでしょうか。

空間を有効活用することができると思います。

 

 

«

»