山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

二重屋根のすばらしさ

2020年 09月 20日 (日)

弊社の新築住宅では、

焼き瓦の家であってもガルバニウムの家であっても、

必ず屋根を二重(二層の方が解かりやすいかもしれません)に造ります。

 

一層目の屋根地の上に、太陽熱を反射する『遮熱シート』を張り、

空気が通り抜ける通気層を造った上に二層目の屋根地を造ります。

軒下から空気が入り、軒上や、棟から空気が抜ける様に造ります。

その作用によって屋根材が受ける太陽熱を屋外に排出します。

 

二重屋根にしないと、

真夏の屋根裏の温度は50度位にまで上昇します。

二重屋根にすることで、

屋根裏の温度を32~34度位まで下げることができます。

 

現在の建築基準では、

屋根裏の面積に対して換気部材を軒裏に取付ける事を、

義務付けているにすぎませんが、

屋根換気部材ではほとんど効果がありません。

 

なぜならば、軒は屋根で言えば最も下に位置します。

熱い空気は高い所に上がる為、

軒先に付けた換気部材によって屋根裏空間全体の空気を押し出す、

または撹拌する事が不可能な為、

換気が出来ないという訳です。

 

身近にあります二重屋根の見本は、『蔵』があります。

一重屋根の蔵も多いですが、

よく見ると二重屋根の蔵もあります。

二重屋根の蔵を見つけましたら写真を掲載したいと思います。

«

»