山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

オール電化住宅について

2020年 01月 17日 (金)

最近では、当たり前のように耳にするようになった「オール電化」ですが、オール電化の家にすると何が良いのかを改めて考えてみたいと思います。

 

まず、最大のメリットと言えば、ランニングコストが安くなるという点ではないかと思います。電気代は増えますが、ガス代が掛からなくなるため費用を抑えることができます。また、太陽光パネルを設置すると、初期費用は掛かりますが、ランニングコストはさらに抑えることが可能になってきます。また、太陽光パネルは災害時に電気が止まってしまったとしても太陽光発電で電製品を動かしたりすることが可能になるという点もメリットではないでしょうか。この他にも、熱源を家の中に作らないということから、「火災」の心配も少なくなるので安心できるということもメリットではないかと思います。

 

オール電化で注意しなければいけないのはキッチンとお風呂場です。キッチンはIHヒーターになりますので、対応していない調理器具は使えなくなってしまいます。最近はIHでもコンロでも使えるタイプも発売されていますが、そうでない場合は買い替えしなければいけません。

 

お風呂場に関しては、シャワー圧が低くなってしまうという可能性があります。特にシャワー圧を気にされる人は弱いと感じることも多いようです。エコキュート(給湯器)からお風呂の距離を遠ざけないように設計するとシャワー圧を維持することができるので設計の段階で対策をしましょう。また、シャワーヘッドを小さめにすることでも圧を維持できるようになります。

 

この他にも、メリットデメリットがありますので、オール電化を検討される場合は、担当者にしっかり確認して、メリットだけではなくデメリットに関してもしっかり把握したうえで採用して欲しいと思います。

«

»