山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

セルロースシート張りと板打ち

2019年 04月 22日 (月)

ゴールデンウイークの途中の5月1日と2日に、吸放湿が桁違いに優れている

究極の断熱材『セルロースファイバー』を吹き込みます。その前に行わなければならないのが

セルロースシート張りです。

弊社では、壁にセルロースファイバーを100パーセント近くまでの吹込みをする為に

シート張りだけではなく、シートを張った後に30センチピッチで10ミリ厚に加工した

桧の板を打っています。

セルロースシートだけでもセルロースを吹き込む事は可能ですが、吹込み量をおよそ70パーセントに

セーブしなければなりません。私は、70パーセントの吹込みですと、明らかに吹き込み不足を感じます。

100パーセント近くまで吹込みをしますと『ポンポン』と気持ちが良い位中身が詰まっている音がします。

板を打ち、100パーセント近く吹き込む事によってもう一つ良いことがあります。

セルロースファイバーの壁に対する吹込み工法の欠点の一つ、『吹込み後の自然沈下』が

100パーセント近くまでなくなるという事です。

30センチ間隔の板と板の間に、中年のおじさんのポッコリと出たおなかの様に膨らむまで

吹き込んだセルロースファイバーの量が自然沈下を防いでくれるのです。

«

»