山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

ここまで出来る? 注文住宅・20

2018年 07月 02日 (月)

注文住宅を建てたいと云う御施主様に、まだまだ他にもご要望の形はあると思いますが、弊社で御施主様との打ち合わせの中から実際に造った所の写真と施工内容をお伝えして、後にならないと気が付かないような所をご確認していただければ…と思います。

山口県宇部市で施工させて戴いた注文住宅、新築工事のお住まいです。1枚目の写真は、リビングに接するクローゼットです。写真左の白い所は嵌め殺しの建具です。普段は壁として扱いますが、時と場合によれば真ん中より少し下の方にある左右の引手の金物に手をかけて引き上げ、手前に寄せると外す事が出来ます。外した奥は脱衣室です。2枚目の写真の左が洗面台で、奥がトイレです。初期の設計ではこの位置にトイレがなく、脱衣室に入る引き戸も十分な幅がありました。この場所にトイレを設けた為に脱衣所の入り口の幅が狭くなり、大型の洗濯機を入れる事が出来ないと云う事もその時点で判りました。

さて、どうしましょうか…?。と考えてこの嵌め殺しの建具を提案させて戴き、『それいいね~』とふたつ返事でご了承していただきました。『時と場合によれば』と云うのは、大型の洗濯機を入れる時の為だけであり、洗濯機を買い替える時まで再び開けることはありません。

この建具の真ん中当たりにあります四角くて下の方にツマミがある部分は、その所だけ開閉する事が出来、帰宅してリビングのクローゼットで着替えをし、洗濯に回す上着は、開閉できる小さな建具から脱衣室に置かれたカゴに直接入れられる様に造ってあります。御引き渡しをさせて戴いた後に、電気屋さんが洗濯機を納品に来られ、『これでは洗濯機が入りませんね~』と云われた時に、この建具を外してみられ、『この様なからくり建具は、初めて見ました』と感心しておられたと云う事でした。

木造でこだわりがある 注文住宅を建てる事を何よりも得意としている山口県 宇部市 の工務店 トータルハウジング です。

«

»