初めての経験であり、二度目はほとんどないと云って良い『家造り』。打ち合わせ初めに最後まで見通せる魔法のメガネがあれば…。

山口県宇部市の注文住宅ならトータルハウジング

スタッフブログ

ここまで出来る?注文住宅といい家・14

2018年 06月 29日 (金)

一生に一度の家造り。そしてほとんどのお客様が初めて経験する事です。一体何から始めればよいのか…?。何を勉強して臨めばよいのか…?。まるで雲をつかむような中で数社の住宅会社と出会いを持ち、こんな所で決めて良いかな~と判断して家を建ててもらう業者を決定する。

それが悪いと云っている訳ではありません。それしか住宅会社を決める手立てがないので、仕方がない事です。『後悔先に立たず』の諺の様に住宅会社を決定する前に、今一度深呼吸をして『本当にこの段階で決めて良いのか、もっといい所があるのではないか』と考えてみてください。

打ちあわせの時は『決めるべき事柄はもうない』と思っても、実際に始まった工事の現場を見て気が付く事が多く、後から後から『ああしたい、こうしたい』が湧き出る様に出てくるものです。こんな事が事前に判っていたら…。その様なお客様のために、弊社の施工事例を見ていただき『こんな事も出来る』と云う事前知識を付けておいて下されば…と思います。

山口県宇部市で施工させて戴きました注文住宅、新築工事です。写真は、玄関からの風を取入れる事が出来る網戸付きの玄関ドアを取り付けたいけれど好みのドアがない。しかし、風は入れたいし明るさも確保したい…と云うお客様のご要望にお応えしたものです。子扉がある親子タイプではなく、一枚の玄関ドアを選択します。親子タイプの子扉にあたるところに上部に開閉が出来る『上げ下げ』タイプのサッシを付け、下部にフィックスサッシを付けます。こうする事で玄関の明かりと風を確保する事が出来、玄関ドアのデザインもお気に入りの物が付けられます。

山口県宇部市で木造のこだわりがある注文住宅専門工務店のトータルハウジングでは、御施主様のこだわりとご要望を確実にカタチにする。打ちあわせの途中で得た小さなヒントからでも適確な提案をしてそれを実現する。私自身がこの家の施主だったら…と云う思いを持って現場で施工にあたり、何か『この様にしたい…』と云う案件があれば進言してそれを造る。

自然素材とセルロースファイバーを使用して住宅の構造体内部からの健康を考え、上辺だけでなく、目には見えない『構造体の内部にこそ健康の源がある』と云う考えを持って健康住宅を造っています。

高気密・高断熱、高性能な省エネ住宅が全棟標準施工です。平屋の家、二階建ての家、自由設計の木造注文住宅の事なら、山口県宇部市のトータルハウジングにおまかせ下さい。

«

»