山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

ここまで出来る?注文住宅といい家・11

2018年 06月 28日 (木)

注文住宅。その『注文』というワードが持つ意味と範囲は何なのでしょうか…?。建て売りでないから注文住宅?、キッチンとユニットバスの色が選択できるから注文住宅?、打ち合わせになかった棚を一か所付けてもらったから…?。

確かに他と比較する事がなければ何をもって注文住宅と言えるのか…?なんて判るはずもありません。弊社がの施工が標準と云う訳ではありませんが弊社がお施主様からご依頼を受けて実際に施工した所の写真と内容をお伝えして、『この様な事も出来るのか…』という位の参考にしていただければ…と思います。

山口県宇部市で施工させて戴いた注文住宅、新築工事のお住まいです。この写真は、太陽光発電とテレビドアホンのモニター、エコキュートのリビングリモコンをニッチを造ってその中に取り付けている所です。ニッチを造らずそのまま壁に取り付けるとモニターや、リモコンがその厚み分程壁から飛び出ます。あるお施主様から『それが嫌なので…』と言われ、いつ頃からだったかはよく覚えておりませんが今では定番の様に造っています。打ちあわせの時に、この事を知らないと言われるお施主様にも写真をお見せし、説明して『どうされますか…?』とお伺いいたしますと、全てのお施主様が『お願いします』と言われて、造るようになります。

お施主様のこだわりとご要望を確実にカタチにする。打ちあわせの途中で得た小さなヒントからでも適確な提案をしてそれを実現する。私自身がこの家の施主だったら…という思いを持って現場で仕事にあたり、何か『この様にしたい…』と云う案件があれば進言してそれを造る。

自然素材とセルロースファイバーを使用して住宅構造体内部からの健康を考え、目に見える所だけではなく、目には見えない『中身にこそ根本的な意味がある』と云う健康住宅を造っています。

高気密・高断熱、高性能な省エネ住宅が全棟標準施工です。平屋の家、二階建ての家、自由設計の木造注文住宅の事ならトータルハウジングにおまかせ下さい。

 

«

»