山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

全館ぽかぽか床暖房の家

2008年 12月 03日 (水)

おはようございます宇部市で自然素材と断熱にこだわった家づくりをしている工務店・トータルハウジングの坂田です。

この度、弊社では電気代が3分の一から4分の一で済む『全館ぽかぽか床暖房の家』を発売する事にしました。

ソーラーサーキットや外断熱、さらにはダブル断熱で得たノウハウと自社の創意、工夫を加えた独自の工法を立ち上げようと思います。

昨日、あるメーカーの電気式床暖房のカタログを確認してみましたら、やはり電気代が高くつきます。京間モジュールの家で10畳の居間に使用するフロアーは全部で30枚必要です。その中で床暖房をする電機ヒーターが入ったフロアーを13枚使用したと仮定すると(周辺部はヒーターを入れません)、1枚あたりの使用電気量が110ワットですので合計1430キロワットになります

1キロワット時を29円とすると1時間に41円47銭かかります。デイタイムに1日8時間使用すると、居間だけの、それも周辺部を除いた所だけの電気代が1日約330円、1ヶ月で1万円もかかります。各部屋にそのような暖房を取り付けたらやはり床暖房だけの電気代で1ヶ月3~4万円はかかってしまうでしょう。

このようなシステムは『快適』という前に、省エネに反する事ですので私と致しましては是非にでも省エネで家中があったかい床暖房システムを進めようと決意しました。

近いうちにホームページで案内をしようと思いますのでよろしくお願い致します。

«

»