山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

『塗り壁』の外壁はとても素敵です

2008年 10月 08日 (水)

おはようございます。宇部市で自然素材の家を造っている工務店トータルハウジングの坂田です。

『ダブル断熱の家』。いよいよ外壁塗り壁専用素材の『ディバネート』トップコートを塗り始めました。

何処の団地に行ってみても外壁はサイディングばかり。時にMホームやS林業なのどの現場でサイディングでない壁を見ますが、呼吸をする自然素材かどうかは私には分かりません。しかも両社の平均坪単価はとても高く、とても庶民の手の届くものではありません。

外観.JPG

オーパス『ダブル断熱の家』は、自然素材をふんだんに使用し、耐震構造で、カビやダニの発生がまず考えられない健康住宅でありながら、いくらでも手の届く価格なのです。

『自然素材の家』を謳いながら平気で素材の呼吸を止める『ビニールクロス』を貼るような言葉だけの自然住宅でなく、本物の健康住宅をお届けしたいと思います。

外部の塗り壁が終了して足場を解体する頃には内部の壁の漆喰と珪藻土から作った『インナーコート』を塗り始めます。

内壁から外壁に至るまで全ての素材が通気をする。しかも断熱材に到ってはエコインクで印刷した新聞古紙をリサイクルした『セルロースファイバー』がパンパンに詰められています。

通気をする素材を試用しながら断熱にもこだわって冬を暖かく、夏は涼しく過ごせる。さらに『防音』『防虫』『防火』、高温多湿の日本になくてはならない『調湿』の優れた性能を併せ持つ住まいですので、これを『健康住宅』と言わずとしてなんとしょう……です。

11月の1日から3日まで完成現場見学会を計画しています。本物の健康住宅を是非ご覧下さい。

«

»