山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

外張り断熱の倉庫

2008年 04月 25日 (金)

おはようございます。宇部市で外断熱の住宅を造っているトータルハウジングの坂田です。

そうこ.JPG

写真は外張り断熱の倉庫の内部です。10平方メートルに満たない倉庫ですが外壁と屋根が外張り断熱仕様です。

外壁に焼杉が張られた母屋。『倉庫も家と同じ焼杉を張ってほしい』というお施主さんのご要望だったのですが、内装仕上げをしない倉庫ですと内部から杉板を止める為の胴縁や防水シートが見えることになります。さらに断熱のない杉板だけの外壁ですと冬は寒く、夏は暑い、入るのも嫌になるくらいの倉庫になってしまいます。

そこで提案させていただいたのが『外張り断熱』です。柱や梁などの外部側にボード状のポリスチレンフォームを張り詰めるこの工法ですと内部からは断熱材の表面が見えるだけですし、何よりも夏の室温の上昇が抑えられます。

お施主様には、『夏、暑い時に避暑の為に倉庫に入っても良いですよ』とお話している位です。これから日増しに暑くなってきますので、その効果が楽しみです。

«

»