山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

私の家造り日記・20/リビングファンの冷暖房効果

2008年 01月 24日 (木)

シーリングファン.JPG

写真はリビングに取り付けたシーリングファンです。

シーリングファンは、装飾だけでなく冷暖房の大きな助っ人になります。

冬は、暖かい空気が上昇し天井付近の温度が高くなります。

そんな時にファンを廻すと部屋の温度が2度くらい上がります。

ファンの回転は、暖かい空気を下に下げる方に廻すように思いがちですが、実際は天井方向に空気を送って部屋全体に廻るように回転させます。

真冬の寒い日、一台の蓄熱暖房機で暖房し、40坪を少し越える平屋の家で、部屋の温度は全室おおよそ15~17度。ファンを停止していれば天井付近の温度は18~20度位あります。

ファンを廻して空気を撹拌すると、多少の温度差はありますが、室温はおおよそ17~19度で安定します。

約2度の温度の節約になり、地球に優しい断熱になります。、ご検討されてはいかがでしょうか。

«

»