山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

私の家づくり日記・8/開閉式床下換気口

2007年 12月 10日 (月)

換気口ー1.JPGかんきこうー2.JPGかんきこうー3.JPG

外断熱・二重通気工法において重要な役割を果たすのが床下の基礎内空間の利用です。基礎コンクリートの外側に張られた断熱材により外気温の影響を受けにくい基礎の中の温度は、床下換気口を開閉することによって一年を通じほぼ一定の温度を保つことが出来ます。

開閉式の換気口は夏、開放して基礎内の冷たい空気を上昇気流の力で引き上げ、壁の中を通気させることによって建物内の温度を下げる為に利用します。冬は閉鎖して冷気の侵入を防ぎ地熱を利用すると共に、住宅を気密化して熱が逃げにくく、暖まり易くする為に利用します。

エアコンの力に頼らず、自然の環境の中で過ごされたい方が、熱くなれば窓を開け、風を通し『涼』を取る。寒くなれば窓を閉め、冷たい外気を室内に入れないようにして『暖』を取る。

床下の開閉式の換気口も『基礎に取り付けた窓』として捉えてください。

«

»