暖かくない堀こたつの断熱改修

山口県宇部市の注文住宅ならトータルハウジング

スタッフブログ

暖かくない堀こたつの断熱改修

2007年 11月 16日 (金)

こたつー1.JPGこたつー2.JPGこたつー3.JPGこたつー4.JPG

『せっかく作った堀こたつなのに暖かくないんです。何とかなりません~』てなことから始

まった堀こたつの断熱改修工事。本格的な冬を迎える前に、高騰している灯油代を抑え

るためにもバッチリと断熱工事をしなければなりません。

畳をのけ、座板をめくってみたら断熱もくそも無い『ウ~ン、これじゃあ暖かくないわ~』

が実感。壁には100ミリのグラスウールが入っているけれど隙間がある。グラスウール

をめくってみると土台水切りが見え、防水シートを指で押さえると通気ドーブチの厚みほ

どの隙間から外部が見える。床下断熱も欠損があるし気密も取れていない。床下換気

口が付いており、常時換気なので床下の温度は外気とほぼ同じ。以上のことから、写真

を見られたら良く分かっていただけると思いますが、こたつの炉箱の廻りは断熱無防備

状態なのです。(建材メーカーが現在販売している堀座卓も断熱状況は大して変わりま

せん。)この状態で床下の温度が10度未満になれば炉箱は冷やされ、隙間風とともに

冷気がすーすー。こたつに入っていても、ちい~っともあったかく無いと思います。

炉箱の周りを3種Bタイプのポリスチレンホーム(底と周囲4面)で囲い、外周の断熱欠損

を100ミリのロックウールで補おうと思います。内断熱工法なので、ロックウールでは完

全な気密は取れませんが、炉箱の周りのポリスチレンホームで気密を取り、こたつ本体

には直接冷気が当らないようにしようと思っています。

次の回に断熱施工をした状況を書きます。

«

»