山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

地震の揺れを熱に変換する制震工法

2007年 11月 15日 (木)

地震の揺れを熱に変換する地震エネルギー吸収システムのセミナーに行ってきました。

制震工法は、ハウスメーカーでは積水ハウス、大和ハウス、ミサワホームなどが取り入

れていますが、一般の木造住宅でも簡単に制震工法を取り入れることが出来ます。

『制震』などの先端工法は、決して大手ハウスメーカーだけの技術ではないのです。

建物が変形しないように固く作る『耐震住宅』は、地震のエネルギーを強固な建物で迎え

撃つ事になり、建物への負担が大きくなります。固めた建物の強さは変形するまで僅か

ずつ金物や釘、ビス等で木を傷つけていきます。余震のたびに破壊が進行し次の地震

の時には倒壊する恐れもあります。建物の土台と基礎の間にボールなどを挟み、地震

の揺れを直接建物に伝えない『免震工法』は、制約が多くコストが非常に高く、定期点検

が必要です。

エネルギー吸収システムが、地震の破壊エネルギーを建物に無害な熱エネルギーに変

換して消費する『制震工法』は、地震エネルギーの半分以上を吸収し、連続する地震で

も損傷を最小限に抑え、大地震後も軽微な補修だけですみます。コストも免震工法の五

分の一くらいです。

外断熱・二重通気工法で『省エネ・健康』を、加えて制震工法で『安心・安全・財産の保

全』を得られませんか。

«

»