山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

床下断熱材を入れ、剛床合板を打ちました

2019年 04月 06日 (土)

桝目に組んだ土台と大引きの間にプレカットでぎちぎち寸法にカットした断熱材を入れました。

大工さんが現場でカットしてピンで断熱材を受けるのと違って、両サイドが少し斜め

になっていて、あて木をして金づちで叩かないと入らない位にぎちぎちです。

床下断熱材を入れるときに大切な事は、断熱材自体で気密が取れる断熱材を選択する事、土台と大引きと断熱材の間に隙間が無い事、土台と大引きの上端一杯に入れることです。土台と大引きの間に隙間があればコーキングで埋めます。

断熱材のすぐ上、僅かな隙間もないようにして剛床合板を張る事でフロアが冷たくならないようになります。

断熱材を入れましたら剛床合板を張ります。

床一面に剛床合板を張り終えたところです。