山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

土台と大引きを入れました

2019年 04月 06日 (土)

墨出しを行い、土台を敷き、大引きを入れました。

土台と大引きは910ミリの正方形になるように入れています。

この後に、床下断熱材を入れ、床剛性を確保するために24ミリ、

又は、28ミリの構造用合板を張ります。

写真のように正方形の碁盤の目のように土台と大引きを組み、構造用合板を張ると

床の合成がかなり良くなります。

 

«

»