山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

リノベーションで断熱性を高めよう!

2022年 04月 12日 (火)

最近では、

リノベーションを希望される方も多くなってきました。

 

「リノベーション」と「リフォーム」の違いを簡単に言うと、

リノベーションは、

家の見た目を変えるだけでなく、

家全体の性能を飛躍的に高め、

住まいの価値を高める工事のことを指します。

 

リノベーションをするのであれば、

まず、家全体の性能を高めるための断熱性です。

断熱性能を高めるには、

壁面の断熱材を良いモノに変えることや、

遮熱効果、防露効果のあるサッシに変えるというのもおすすめです。

 

そして、換気システムの見直しも行うとより良いでしょう。

断熱性を高めると光熱費の節約が可能になると言われています。

断熱性を高めることで夏も冬も快適に過ごせる住まいに変わるのです。

外の温度を室内に伝えないようにしてくれる働きがあり、

室内の温度を大きく変化させません。

室内の温度が外に流れないので、

冷暖房を使う頻度を減らすこともできます。

 

断熱性の高くない家の場合は、

どうしても外に熱が逃げていくので冷暖房を使っても効きが悪い、

室温にムラが出るということがあります。

 

部屋により室温に差があるという状況は、

快適に暮らしにくいと言え、

ヒートショックの危険性も出てしまいます。

 

断熱性が低い壁や窓は、

カビや細菌も繁殖されやすいと言われているので注意が必要です。

 

リノベーションの際には断熱性についても考えてみてください。

«

»