山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

木造住宅って実際どうなの?

2021年 06月 10日 (木)

「木造住宅」と聞いて、

みなさんはどんなイメージがありますか。

 

「耐震性が心配だなぁ」

「火災がおきたら怖いなぁ」

そんなイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

 

ひと昔前の木造住宅であれば、

そのような不安もあったかもしれませんが、

現在の木造住宅では、

そのようなことはありませんので、

安心して木造住宅を選んで欲しいと思います。

 

・断熱性能、気密性能が高い

木造住宅のメリットとして、

夏は涼しく過ごせて冬は暖かく過ごせる。

という特徴があります。

これは木材の熱伝導率によるものです。

熱伝導率がコンクリートや鉄骨と比べて低いので、

涼しさと暖かさを維持しやすいのです。

最近の家は気密性も高いので、

お部屋ごとの温度差が出にくくなります。

 

・間取りが自由に作りやすい

木造住宅のメリットとして、

間取りを細かく設計しやすいということが言えます。

オリジナルの間取りにしたい人、

自由度の高い間取りを叶えたい人には木造がおすすめです。

 

・耐火性が高い

木造は燃えやすいと思われている人もいますが、

実は木は燃えるスピードが緩やかで遅いとされています。

完全に燃えるまでの時間は、

鉄よりも木造のほうが時間はかかるのです。

崩れてしまうまでに時間がかかるので、

万が一、火災が発生した場合、

一気に燃えてしまうことがないので、

命を守ることにもつながると言われています。

 

もちろん、

木造住宅にデメリットが無いわけではありませんが、

住みやすい家を建てたいのであれば、

木造住宅も検討されると良いかもしれません!

 

 

«

»