山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

勾配天井・杉板張りが終了しました

2019年 05月 17日 (金)

無垢の杉板の中から白い板だけを選別し、オスモカラーのホワイトを塗装、乾燥させた後、勾配天井に張りました。杉板を張った後、勾配天井のダウンライトの穴あけを行いました。勾配天井の中にも新聞紙から作った究極の断熱材『セルロースファイバー』がいっぱいに詰まっています。天井の地組をした後、セルロースシートを張る前に取り付けたダウンライトの穴を開けた時のセルロースファイバーの落下を防ぐ『ダウンライトボックス』を先行して入れておいたおかげでほんの一片のセルロースも落ちることはありませんでした。

一枚目の写真は『セルロースファイバー』をひとつかみ置いて撮影したものです。化粧梁は先に塗装していましたので高い所の壁のボードを張って勾配天井の多くの作業をする為の勾配足場を解体しました。

 

«

»