山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

遮熱シート張り、二重屋根

2019年 04月 09日 (火)

上棟が終わり、屋根じまいをしました。

屋根じまいと云えば、通常は一層ですが、弊社は二層張りを標準施工としています。

真夏に屋根が受ける太陽熱は、かなりのものです。瓦にしても鉄板屋根にしても

およそ60度以上位まで上がります。

一層張りの屋根ですと、屋根裏にあまり温度が下がらずに熱が伝わります。

屋根裏の温度は、50度を超えることもあります。

一層目の屋根下地に遮熱シートを張り、通気層を設けて二層間の屋根下地を作り、その上に

瓦やガルバリウム鋼板などを葺いても屋根裏の温度は通常の気温程度にしか上がりません。

家本体を受熱させないことが、断熱以前に大切な事なのです。

«

»