山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

悪徳業者は身近な所にもいます

2010年 01月 24日 (日)

昨日、新しいお客さんの所に行きました。床下の湿気を除去するという(本当は効果がないのですが……)床下換気扇交換のご依頼でした。

床下換気扇が回転異音の発生や回転しないので交換が可能か、又工事費用はいくらかかるのかというお問い合わせをメールでいただき、メールでご返事をしたところ、お電話をいただき、昨日訪問させていただいたという訳です。

10年以上も前の製品ですので、メーカー(パナソニック)に問い合わせて現在の換気扇が古いリモコンで作動するかを確認して、作動すれば1台定価2万3千の換気扇を3台注文して取り替えるだけです。

しかしこのような工事にも『悪徳業者』がいるものです。

換気扇の取替えは不可能で、全てをやり変えなければならないので18万円かかると言われたとのことでした(私は、リモコンも交換したとしても8万2千円くらいだろうとメールでお答えしました)。

私は、電気の専門ではありませんので複雑な電気配線は出来ませんが、換気扇のプラスマイナスの線を繋ぎかえることくらいは出来ます。換気扇本体の大きさが大きくなっていますので、コンクリートドリルで取付け穴を開け替えたり、多少のハツリがあるかもしれませんので、取替え工賃と古い換気扇の処分代で2万円いただいたとしても税込みで8万2千円という金額は適正だと思います。

リモコンが使用できるなら、もう1万円は安くなります。それを18万円と言い、お施主様がネットで調べた換気扇本体が定価で2万3千円である事を伝えても、1台6万円はかかると言い切ったということです。

この度は、お施主様がネットを使用出来る方でしたので、『これはおかしい』と思われてネットで『床下換気扇』で検索された所、弊社のホームページが出てメールを入れてみたとのことでした。

ネットなどをされないお年寄りの方でしたら、その悪徳業者の言うがままに、ただ換気扇を取り替えるだけの工事で18万円の工事金額をぼったくられてしまうのでしょう。

元々床下換気扇は、私が思う適正価格の1,5倍から、2倍くらいの価格で販売されている『ぼったくり商売』で(大して効果もないのに……)、その交換までも『ぼったくり』が継続しているのです。

床下換気扇を取り付けている皆様、くれぐれも騙されないようにお気をつけ下さい。

ダブル断熱+気密+遮熱の家づくり 有限会社トータルハウジングのホームページへ

«

»