山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

やはり日帰りの東京出張は疲れます

2010年 01月 27日 (水)

昨日、再度日帰りで東京研修を受けてきました。雪で悩まされた前回よりはましでしたが、やはり午前3時起きの翌日零時半就寝は疲れます。

午前3時には起きて事務所で一仕事、4時50分には出発して高速で北九州空港へ、6時45分発の飛行機で羽田へ、東京モノレール、山手線を乗り継いで会場のある新宿センタービルに到着するのが9時頃です。

自宅を出る前にトーストを1枚食べていますので、ビルの地下にあるローソンでおにぎりを1個(満腹になると眠くなるのでちょいセーブ)買って、少し寒いけど中庭で食べます。食べ終えたらすぐに42階の会場へ行きます。

受付開始が10時ですので40分くらいは待たなければなりませんが、その間はテキストを見たり、前回研修の復習をして待ちます。

受付が終わり、10時30分から講習が始まります。昼食まで休憩なしで、午後5時まで途中2回の休憩があるのみです。講習終了後、講師の方に質問などをして会場を出たのが6時前です。

8時30分発の飛行機ですので1時間以上待ち時間がありますが、その位の時間では何処にも立ち寄る事が出来ず、新宿から山手線で浜松町へ、浜松町のホームにある立ち食いそばを食べてモノレールで羽田へ、羽田で待つこと1時間以上、やっとのことで北九州空港着、高速走行、自宅到着となります。

はとバスにでも乗って1日ゆっくり観光出来るならよいですが、ただ交通機関の乗り継ぎと人ごみにまみれるだけですので本当に疲れます。

研修を受けただけでゴールならよいのですが、ただスタートラインに立っただけです。これを自分の物にするまでが大変ですがやりきらなければなりません。

日々の仕事もありますのでなかなか集中してはできませんが、頑張ってトライします。

忘れていました、昨日は晴天で富士山も良く見え、東京からもはっきりと見えるほどでした。写真は機内から撮影した富士山です。

富士.JPG

ダブル断熱+気密+遮熱の家づくり 有限会社トータルハウジングのホームページへ

«

»