山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

『工事代サービス』という甘い罠商法

2009年 07月 21日 (火)

エコキュートの取付けに関するセールス方法です。私としては初めて聞いたケースですが、『エコキュートを買っていただくと、現在つけてあるボイラーの撤去やエコキュートの設置工事、それに伴う電気工事と水道工事を全てサービスします』という薦め方のようです。

地域で設置台数を限定し(例えば宇部地区で10台限定ですと言う)、あたかもその購入がとても得になるようなイメージを植えつけえます。さらに締切日を数日後に定め、購入決定を急がせます。

何もわからないお客様は『いい話を逃す手はない』とあせって契約をされるのです。しかし、うまそうな話には必ず落とし穴があります。

『工事代を全てサービスします』という言葉に心を奪われている為、商品代が定価販売になるという条件でも『この地区で10台のみという限定販売なのでそれでも得なはずだ』と自分で思い込んでしまうのだろうと思います。

『電気代が3分の1で省エネ、補助金も出る』という説明とともに各家庭を回るこの新たな販売方法。

エコキュートは定価設定が高い商品ですので、よほど難しい工事や配線、配管距離が長い工事でない限り、全ての工事込みで定価以下で出来ます。(定価が高い商品であれば定価より10万円以上も下がる時もあります)。

まともな見積もりの仕方は、商品が何割引でいくら、撤去代、取付け代がいくら、水道工事代がいくら、電気工事代がいくらというそれぞれの明細が判るものです。

まともな見積もをし、商品もそこそこ値引きがしてあるが、水道工事や電気工事、諸経費がべらぼうに高いというケースもありますのでくれぐれも注意してください。

何の商売でも暴利はいけません。基準はありませんが『適正価格』で提供しなければなりません。

ダブル断熱+気密+遮熱の家づくり 有限会社トータルハウジングのホームページへ

«

»