山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

リフォームの打ち合わせ

2009年 02月 01日 (日)

おはようございます。山口県宇部市で断熱と自然素材にこだわった健康住宅をお届けしているトータルハウジングの坂田です。

昨日、数年前に計画しながら中断していた築後30年を越えるコンクリート住宅のリフォーム工事の打ち合わせに行ってきました。

お施主様は私が中学校の時の恩師で、以前からいろんな仕事をさせていただいています。今回のリフォーム工事のメインは居間と台所の改装ですが、仕事の話が終わってからの雑談の方が長く、とて有意義な時間が過ごせました。

今回リフォームをさせていただく住宅には先生ご夫妻のお孫さんが住んでおられ、当のご夫妻は山口県の別世界の『鹿野町』にお住まいです。もう7~8年前になると思いますが、住宅付の田畑を購入され、農業で御自分が納得される作物作りを目指して充実した日々を送っておられるようです。

桃、栗、梨、ぶどうなどの果実や米、豆などの穀物などを試行錯誤されながら作っておられるようで、鹿野町内でもそのおいしさは有名な様子です。住んでおられる所は標高700メートル位のところで、今時分はとても寒くなんと冷下15度にもなるそうです。

宇部市から中国自動車を走り、鹿野インターで降りておよそ10キロ。車で約2時間の道のりを軽四輪のトラックで行き来しておられます。先生のご年齢を伺ってびっくり、御年85歳とのことでした。

お話を伺っていると、現在もチャレンジ精神旺盛で、納得できるぶどうが出来るまであと3年はかかるだろうと話しておられました。

軽四で高速を飛ばし、宇部と鹿野を行き来し、日々農作業をしておられるとの事で、その元気の源はきっと自分のやりたいことが常にあり続けるからだろうと思いました。

私も現状に満足することなく、常にチャレンジャーであり続けたいと思います。

ダブル断熱+気密+遮熱の家づくり 有限会社トータルハウジングのホームページへ

«

»