屋根じまいが始まりました

山口県宇部市の注文住宅ならトータルハウジング

スタッフブログ

屋根じまいが始まりました

2009年 02月 02日 (月)

おはようございます。山口県宇部市で断熱と自然素材にこだわった健康住宅をお届けしているトータルハウジングの坂田です。

昨日は日曜日でしたが、まずまずの天気でしたので『屋根じまい』に入りました。約40坪とはいえ、平屋ですので屋根の面積も広く、総2階の40坪の家と比べて倍以上はあります。

通常ですと1日で完了するのですが、午後6時過ぎの帰宅途中に現場に寄ってみたら、屋根タルキと鼻隠し、破風板を打った状態で終了していました。

今日は、野地板を打ち、ゴムアスフェルトを張ります。瓦がなくてもとりあえずは雨がしのげます。それと今日は『優良県産木材』の現場検査があります。県庁の森林企画課の方が木材に張られた認証シールの認定番号を確認され、合格するといよいよ助成金の請求手続きに入ります。

ダイライト.JPG

写真は山口県産優良木材の梁や母屋です。奥に写っているのが構造用面材の『ダイライト』です。

ダブル断熱+気密+遮熱の家づくり 有限会社トータルハウジングのホームページへ

«

»