山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

蓄熱暖房機が入りました

2008年 10月 25日 (土)

おはようございます。宇部市でセルロースファイバーを使って住まいの断熱を施工している工務店トータルハウジングの坂田です。

自然素材、無垢材、調湿性のある素材などの使用。健康住宅になくてはならない物ですが、もうひとつ忘れてはならないのが安い夜間電力を利用し、蓄熱レンガに熱をため終日放熱をしてくれる『蓄熱暖房機』です。

ダブル断熱でしっかりした断熱施工がしてある住宅だからこそ使用できる暖房機です。通常の電気式の床暖房などでは夜間電力の時間帯以外は電気代が高い為、最も暖房したい時間に思い切ってフル暖房が出来ません。

蓄熱式暖房機は、電気温水器やエコキュートなどと同じ様に電気代が安い深夜電力時間帯に1日分の暖房に必要な熱を蓄熱レンガにため、その熱を一日中放熱してくれます。

断熱性の良い家では断熱に対する捉え方が違い、冷えてきたので暖房を入れる『間欠暖房』ではなく、一日中家の熱を冷まさない『終日暖房』なのです。終日暖房とはいえ、気温が上がる日中はマイコンで放熱を抑えてくれます(自然放熱の手動タイプもあります)。

さむ~い冬に家中が常時16度~20度の温度に保たれて、各部屋や廊下、トイレや洗面所、浴室間の温度差がほとんど無い為『ヒートショック』がなくなります。

蓄暖.JPG

写真手前が暖房機本体、右側の奥に写っているのが蓄熱レンガです。今回は自然放熱タイプで、容量の小さめのタイプをリビングと玄関ホールに2台設置します。

蓄熱暖房機で床下に設置する『床暖房タイプ』もございますので、是非ご検討下さい。

«

»