山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

中間検査が完了

2008年 08月 26日 (火)

おはようございます。宇部市でダブル断熱の家づくりをしているトータルハウジングの坂田です。

『ダブル断熱の家』。昨日は、山口県建築センターと日本ERYの2箇所の上棟後の検査がありました。耐力面材の釘の打ち方についての指導があっただけで検査は合格しました。

検査の中で良い事だと思ったことがひとつ。最近はユニットバス周りの断熱や気流止めについて指導しているとのことでした。ユニットバス周りの断熱は外部だけでなく三方の室内側も完全にするように検査時に話しているとのことです。

私が外断熱を初めて8年になります。始めた当時からずっと訴え続けていた事がやっと実現しつつあるのだなと嬉しく思いました。

施工会社が施工を実施するか否かは不明ですが、少なくともそこの断熱の盲点に気づき施工をする施工者も増えてきて、いつかは絶対にしなければならない箇所として認められてくると思います。そうなれば今よりもっともっと断熱効果が上がるはずです。本当に良いことです。

検査.JPG

«

»