瓦一体型太陽光発電装置の計画

山口県宇部市の注文住宅ならトータルハウジング

スタッフブログ

瓦一体型太陽光発電装置の計画

2008年 03月 15日 (土)

この度、太陽光発電装置設置の計画が持ち上がり、打ち合わせを行いました。

一般家庭で設置されている太陽光発電はシャープの『サンビスタ』が圧倒的なシェアを有していると思いますが、私の所で設置しているのはカネカの『エーシックルーフ』です。

今回もエーシックルーフの『瓦一体型』の発電装置を取り付けます。

瓦一体型は、三州の平板瓦と働き(実寸法)を同じにした発電装置で、瓦と一緒に葺き合わせをするので『屋根の上に太陽光発電装置が載っている』という感じがまったくしません。

面積当りの発電量は少ないのですが、発電パネルが屋根材になっているので発電パネルの所は瓦が不要になります。

何よりも、見た目がすっきりとしているところがお勧めしたい所です。

昨日、発電総量とパネルの配置をお施主さんにご確認していただき、今後設置に向けての検討に入ります。メーカー担当の方が言われるには4月後半か5月には施工が完了できるとの事でした。

実際に工事に入りましたら、ご報告します。

«

»