山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

長寿命住宅を造る為には

2008年 02月 17日 (日)

『日本の住宅の寿命を長くしよう』。国のレベルでも考えられ始めている『長持ちする住宅』への対策。住宅を造る側としても賛同すべき事です。

高温・多湿で地震の多い日本において寿命の長い住宅を造るには、木造住宅の構造材である柱や梁、桁などが常に新鮮な空気に触れていて、『木』が本来持っている強度を家がある限り持たせる事が大切です。

気密を高める為に気密用のビニールシートを貼って空気を遮断したり、合板やボードを太鼓状に張ったりすると、その建材の通気指数を超える湿気が壁内に入った時に、水滴になった水によって木が腐り始め、強度が著しく落ちてきます。

日本の気候風土に合う木造住宅の建て方は、湿度の高いときには湿気を吸ってくれ、乾燥した時には吐き出してくれる。断熱性能が高く、内壁、外壁共に通気が出来る材料を使用していなければなりません。

『頑丈な地盤に強固な基礎。耐震強度があり、通気が可能で、断熱性能が良い。雨風の侵入を防ぎ、結露も無く、木が濡れて腐ることがない』。このような住まいであれば、雨が多く、湿度が高い日本で間違いなく寿命の長い住宅が出来ると断言できます。

«

»