山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

表面が劣化したNサイディングの塗装のつづき

2007年 10月 18日 (木)

操作ボタンを押し間違えたのか、途中で送信になりました。それも2回も登録になって

る。なんでかな~。続きを書きます。

サイディングにとって悪条件化にあるのですが、表面が手で触っても素材が粉のように

ボロボロとおちてくるのです。塗装の工程は、最初に高圧洗浄をかけ、表面をケレン。

その後、特殊変成エポキシ樹脂塗料の『エポキシプライマー』(赤い錆止めのような塗料

です)を塗り、仕上げに2液型アクリルシリコン樹脂塗料の『ファインシリコンフレッシュ』

を2回塗りします。

写真は、洗浄前、ケレン後の粉(少し分かりにくいかも知れません)、下塗り、仕上げ塗り

です。販売時の製造メーカーの『耐用年数』は、あくまでも実験による想定年数ですので

鵜呑みにはできません。今でも、販売時に10年保証と言いながら、6年くらいで劣化して

改良した製品を販売することもあります。何を信用すればよいのか良く分かりませんが、

何にも『絶対』はありません。

«

»