山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

落下防止の手摺の取付けと階段作り

2007年 10月 21日 (日)

手摺りー1.JPG手.JPG70歳を越えた老夫婦のお宅です。左の写真が着工前で、高い所は2メーターを越える

高さがあり、家の側の通路の幅は70センチをきります。さらに、通路から石までの高さ

が35センチ、石から下の通路までの高さが44センチもありました。

70歳を越えて今までこの通路を毎日通って、この高さの階段を手摺もなしで上がり降

りしておられた事をまず最初に感心しました。事故が無くて何よりでした。

工事は、まず自然石の除去から行いました。石は、重いしなかなか割れません。石の真

ん中にドリルでいくつも穴をあけ、大ハンマーで2つに割り、運搬。長石は大ハンマーで

簡単に割れます。不要な土等を除去した後、鉄筋を入れ、ブロックなどで下地を作って

手摺を取付け、モルタル仕上げで完了です。写真手前になりますが、石で作られた30セ

ンチ幅の溝にグレーチング蓋もとりつけました。

階段の段差は、16センチに統一しています。今後は、上がり降りも、通行も安心です。

«

»