山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

ユニットバスを取り付けました

2019年 05月 11日 (土)

ユニットバスを取り付けました。タカラスタンダードの製品です。タカラのユニットバスの特徴は、パネルがホーローであると云う事と断熱が良いと云う所です。発泡スチロールを浴槽周りの全てにすっぽりと包みこんで保温性を上げ、『魔法瓶浴槽』と謳っている様に、浴室周りの床、壁、天井の6面を断熱パネルで囲んで断熱欠損が無い様に造られています。

弊社の新築工事では、家本体の断熱・気密工事に力を入れていますので、特に断熱性能の高いユニットバスでなくても大丈夫ですが、断熱性の良いユニットバスを取り付けた方がより良い事は言うまでもありません。その理由は、基礎内のユニットバススペースに入る人通口を取り外しが出来る断熱材で塞ぎ、外回りの土台パッキンを気密タイプの物を取り付けて外気の侵入を遮断してもユニットバスの外部全てがユニットバスを設置している一坪の基礎空間のコンクリートの温度の影響を受けるからです。

お風呂のリフォーム工事の場合は、住宅本体の断熱性能が低いですので、断熱性能の良いユニットバスを取り付けなければなりません。断熱タイプでない普通のユニットバスを取り付けますと、ユニットバス周りの6面全てが外気と同様の温度の中に包まれている為、浴室内の温度が下がります。浴槽が『魔法瓶』の保温タイプであっても、断熱材がないパネルで囲まれた浴室内の温度が低ければいくらユニットバスであっても『ヒートショック』を防ぐ事はできません。