山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

家づくり講座・1

2016年 02月 01日 (月)

土地の購入を決められる前に地盤の予備調査を必ず実施してください。

 

住宅瑕疵担保保険の加入が義務付けられてから、地耐力が不足する土地に家を建てるときに、地中に杭などを打つ地盤改良工事が必須条件になっていることはみなさんすでにご存じのことと思います。

しかし、これから土地を購入しようとするお施主様に、その土地の事前の地盤調査を進めてくれるハウスメーカーは少ないと思います。

地盤の事前調査は、購入検討の段階で、土地契約はしていなくても土地の販売者、または、土地の所有者に依頼をすれば了解が得られます。

事前調査に3万円くらいのお金がかかりますが、全体の資金計画を知るためや、地盤改良にどれくらいの予算がかかるのかを複数の住宅メーカーに訪ねることも出来ます。

地盤改良工事金は、杭の本数によって多少の違いはありますが、鋼管杭で貫入が約5メーターで50から60万円くらいかかります。改良する深さや地耐力によって改良工事の工法を選択しますが、お施主様にとって改良工事はまったく余計な予算だと思いますので、少しでもお予算を抑えて差し上げたいと思い、その土地に最も適切な改良工事をお勧めすべきだと思っています。

地盤改良工事で、『濡れ手に粟』ほど儲ける業者は多いことですので気をつけてください。

 

«

»