山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

二層目の透湿シート張り

2012年 09月 24日 (月)

いつもブログを読んでいただき有難うございます。

地場工務店の総合展示場のような団地の弊社の現場では、今日外壁担当の職人さんに『防水・透湿シート』を張っていただきました。以前大工さんに張っていただいていた一層目の『遮熱・防水・透湿シート』は、外壁が受ける熱射(遠赤外線)を反射し、土台の所に取り付けた空気の入口から、軒裏に取り付けた空気の出口まで、遮断される事のない通気経路を空気が流れる事によって、建物本体が受ける熱を軽減させる為のものです。

今日張った二層目の『防水・透湿シート』は、呼んで字のごとく『水』の浸入を防ぎながらも『湿気』は通す、というものです。

『遮熱・防水・透湿シート』を張る工務店も次第に多くなりましたが、まだまだ少ないと思います。弊社の次に施工が進んでいるところは、耐力面材を打たず、筋交い工法で、柱の外部に直接、この『防水・透湿シート』を張っていました。

外観をパッと見れば、同じくらいに進んでいるように見えます。もう、追いつかれた気分です。

透湿.JPG

«

»