山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

可動式下駄箱・兼・ゴミ箱を作成しました

2012年 06月 04日 (月)

いつもブログを読んでいただき有難うございます。

私の仕事の合い間に作ることを条件に随分前にご依頼を受けていました可動式下駄箱とゴミ箱を合体させた私のオリジナル製品を完成させ、2日にお届けしました。

2年前にお引渡しさせていただいたお施主様のお宅ですが、玄関に下駄箱を置かず、建具で仕切ったご家族が通常使用される土間側に下駄箱を設置しています。

このたびのご要望は、玄関側に造り付けの下駄箱の設置をしたいという事でした。実際にご来社いただき詳しい話をお伺いいたしますと私が提案させていただいた、3層式のゴミ箱に下駄箱を合体させた物がよいという事になりました。

キャスターで稼動できる箱にしていますが、設置するのは引き戸で仕切られた勝手口側なので、価格的に安く出来る素材でよいとの事でした。

比較的に安い構造用合板である針葉樹合板を主剤に、芯材や棚材などは弊社に保管している余っていた材料を使用しました。

寸法的見てもかなりの大きさであったので、作成をした弊社裏の倉庫のドアから出せるのか……が気がかりでしたが、万が一ドアから出なければ、出しにくいけれども窓から出そうと思い、『まあ~いいか』と寸法の確認もせずに作りました。

作成完了後、搬出する時に取っ手をつけていれば出ないだろうと思い、取っ手は一度取り付けてはずしていましたが、扉を取り付けていた金具があたるほどに寸法ぎりぎりでした。

トラックに載せ、キャスターを取付けお施主様宅に納品させていただきました。これが下駄箱とゴミ箱の合体製品です。

土谷邸.JPG

見栄えは決して良いとはいえませんが、利便性は誠によいと思います。お施主様にこの提案をさせていただいた時に奥様が『特許を取ればよいのに』といわれた位にスペースを有効利用できます。

我が家にも同じタイプのゴミ箱を作って4~5年前から使用していますが、とても便利です。

«

»