山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

やっとやりました『ゴミの片付け』

2011年 05月 22日 (日)

弊社事務所の側、駐車スペースに溜まりにたまったゴミの詰まった土のう袋の片付けを19・20・21日の3日間で行いました。

土のう袋のたまり始めは、今から遡ること約2年。一昨年の夏頃からです。改造工事が重なり、分別なしに入れられたゴミを片付ける余裕がなく車庫の奥から仮置きするようになったのです。

縦列駐車ですが、奥にトラック、手前にハコバンを止めておりました。ゴミを持ち帰るたびに車が次第に前に出始め、大改造の現場の終了時にトラックに満載したゴミを持ち帰った時にはとうとう2台の車が止め切れず、ハコバンが車庫から外にはじき出されました。

その後もゴミは増え続け、トラックさえも車庫からはみ出る位になりました。トラックを駐車している時は車が遮る為、外部からゴミの山が見え辛かったのですが、トラックが出た日にはゴミ屋敷状態が丸見えでした。

何度か1日がかりでゴミの片付けをしたことはありますが、1日では何処が片付いたまるで分からない位でした。1日をかけてトラック1車分のゴミを処分するのですが、現場から持ち帰るゴミも日々あるものですからまるで『いたちの追っかけごっこ』でした。

東日本大震災の影響で仕事がストップし、『ゴミを持ち帰る事が止まった今こそゴミの分別をする時はない!』と3日間かけて数百袋に及ぶ土のう袋に詰め込まれたゴミの分別をしました。

私は、打ち合わせなどで出かける事が多かったのですが、妻と長男が懸命に片付けてくれました。おかげさまで夕方には掃き清められた車庫のアスファルトを約2年ぶりに見ることが出来ました。

一時は土のう袋の山が左右に出来、足の踏み場もなく、右の山と左の山の谷間をやっと歩くという状態でした。

1日目は、木屑をトラックに積みながらその他のゴミを分別。夕方に木屑を処分した後に廃プラを積みながら分別を続けました。昨日3時過ぎにはやっと終わりが見え出し、私が夕方の打ち合わせから帰宅した時は綺麗に片付いていました。

車庫の奥には分別したゴミ袋(透明のビニール袋です)が数十袋、石膏ボードゴミや処分しなければならないブルーシートなどが沢山あり、片付けが完全に終了した訳ではありませんが、車庫の中に取り合えず2台の車を納めることが出来ました。

例えで言いますと『長年の便秘がどどっと出て、空っぽになって、スッキリしたー』という感じで実にいい気持ちです。

今週から、各現場が始まり忙しくなります。当然ゴミの持ち帰りも増えますが今度は溜めないようにしたいものです。

車庫.JPG

«

»