山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

今日からセルロースの吹き込みです

2011年 03月 11日 (金)

この2週間、私事と小さな工事の着工で忙しく、パソコンの前に座る時間がありませんでした。

こだわりのプロバンスの家は、2つの機関の検査が終わり、サッシをつけ、防水シートを張り、ただ今外壁下地を作っているところです。

今日からセルロースの吹き込みをする為、今週月曜日から天井下地やセルロースシート張りに専念しました。外部の工事は一時休止です。

セルロースシートは通常、断熱工事店の人が張ります。その後に続けてセルロースを吹き込みます。その場合は、横打ちの板を張ることはできません。

よほど詳しい人か、良く勉強をした人しかわかりませんが、この横板を打つ場合と打たない場合ではセルロースを吹き込む量が随分違います。

横板を打てば、ほぼ100パーセント吹き込むことが出来ますが、横板がなければ60~70パーセントしか吹き込めません。

セルロースシートだけですと100パーセント近くも吹き込むと、シートがセルロースに押されて膨れ上がり、仕上げのボードや化粧板などが打てなくなるのです。板を打っていれば板がシートを押さえてくれるのと共に、板の厚みの10ミリほど膨れ上がっても仕上げのボードなどが打てるのです。

もう既にセルロースを吹き込んだ家を建てられていて、自分の家は横板を張っていないという方はどうしようもありませんが、これから家を建てられる方で、『断熱はセルロースファイバーで考えている』という方は参考にして下さい。

写真撮ったつもりでいましたが、撮っていませんでした。

セルロースを吹き込んだところの写真と板を打った写真を次回に載せます。

«

»