山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

ダイエットの弊害

2009年 09月 01日 (火)

体調を崩した事から始めた今回のダイエット。もう1ヵ月半が過ぎましたが、体重がぐんと落ちたのは体調が悪かった初めの2週間で、あとの1ヶ月は一進一退です。

ダイエットといってもやっているのは食事制限だけですが、現時点で約5キロの減量です。

減量してみて判った事ですが、年をとってからの減量は肌に弾力がないせいかシワが出るのです。体の方は判りませんが、顔は少しばかり気になります。

元々膨らんでいた物が中身が少なくなって縮むのですから無理もありません。初めて膨らませた風船の空気をすぐに抜いた時は元に近い状態に戻るでしょうが、膨らませて当分放置して空気を抜くと元に戻らず、シワが残るのと同じことだろうと思います。

先日、取引先の営業マンを車ですれ違いざまに見ました。元々は結構太っていた人がすごく痩せていたのです。その人は5~6年前もダイエットをし、1年もしないうちにリバウンドをしました。

その方が痩せた時の感想は、異常に顔のシワが目立ち、一気に老け込んだ感がありました。その後リバウンドされましたので顔は元に戻り、『あなたはこのままがあなたらしくて良い』と言った事があります。

それから約5年、歳をとってからの再ダイエット。車のすれ違いざまで、そんなにスピードを出していなかったとはいえ、はっきりと顔のシワが判りグッと老け込ん見えました。

ということは私にとっても同じことが当てはまるわけで、何とかしなければと思い、とりあえず『アロエパック』らしきことをやっています。

使用しているアロエは、『博士要らず』といわれている方のアロエです。

葉肉を食べた後に残っているヌルヌルしたものを顔にすり込んでいるだけです。効果があるかどうかはまるで判りません。

もう2~3キロの減量が出来るまで、食事制限と共に続けてみようと思います。

ダブル断熱+気密+遮熱の家づくり 有限会社トータルハウジングのホームページへ

«

»