山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

電気コンサルティング業務

2009年 05月 14日 (木)

おはようございます。いつもブログを読んでいただいて有難うございます。トータルハウジングの坂田です。

昨日お客様と打ち合わせをしている時、電気料金の話になり、お客様が『うちも二人しかいないのに電気代が高いんです』と言われましたので、調査の仕方や検針票(電気ご使用量のお知らせ)を見て、各タイムの使用量を確認しての判断の仕方などを伝授させていただきました。

これまでも、オール電化工事や電化機器のリース工事のときにコンサルティングをしていましたが、今から思えば各タイムの電気料金の差やどのように高電力の機器を使用すべきかなどを説明していただけで、昨日のようにうんと踏み込んだ説明はできていませんでした。

ご家族の人数と生活状況をうかがい、検針票の各タイムの使用量を見て、総合的な判断をし、電気代が高い原因は何なのか、又それを落すにはどうすべきなのかをアドバイスする事が出来ました。

毎朝、電気メーターを確認して一日の使用電気量を記録するという、元はといえば自宅の高い電気料金を確かめる事から始まった調査ですが、思わぬ方向でお役に立てて良かったと思います。これからもグッと深いコンサルティングをさせていただいてお役に立てればと思っています。

ダブル断熱+気密+遮熱の家づくり 有限会社トータルハウジングのホームページへ

«

»