山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

セルロースシート張り

2009年 02月 26日 (木)

おはようございます。山口県宇部市で県産材の桧や杉を使用し、断熱にこだわった健康住宅をお届けしているトータルハウジングの坂田です。

『ダブル断熱の家・山口県産材の家』は、いよいよ内断熱のセルロースファイバーを吹き込むためのシート張りに入りました。

セルロースシート.JPG

セルロースファイバーの業界では一般的にこのシートを張っただけでセルロ-スを吹き込むケースが多いのですが、『オーパスの家』の規定で、通常の約1,5倍の量を吹き込むため、シートだけでは詰め込んだセルロースファイバーに押されすぎて仕上げの壁材が張れなくなります。

それを防ぐ為にシートの上に桧の加工板を横張りします。シートに加え、その板でセルロースを押さえるのです。板を張った写真は今日にでも撮影出来ると思いますので明日にでも紹介します。

ダブル断熱+気密+遮熱の家づくり 有限会社トータルハウジングのホームページへ

«

»