山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

ホームページの更新

2008年 09月 18日 (木)

おはようございます。宇部市で『カラダ』にやさしい自然素材の家づくりをしているトータルハウジングの坂田です。

『住まいづくりセミナー』や耐震改修の講習会、店舗改装工事が2軒引き続いてあったため、なかなかホームページの更新の原稿を作ることができませんでしたが一昨日文字原稿だけファクスで送って、昨日更新していただきました。

この度の更新項目は『子育ての家づくり』です。

現在工事中の現場は、外壁にはサイディングを張らず珪藻土を塗り、内壁も珪藻土。断熱は内断熱にエコインクで印刷した新聞古紙で造ったセルロースファイバーと外断熱に透湿性能のあるポリスチレンフォームを張った『ダブル断熱』仕様。壁材は全て透湿するものを使っていますので壁内結露はありません。床は30ミリと38ミリのパイン無垢フローリング、天井もパインの無垢板を張るという自然素材をふんだんに使用した家です。

もちろんオール電化で暖房も低料金の夜間電力を利用する蓄熱式暖房を使用するため、排気ガスや不要な水蒸気などが室内で発生することがありません。

内断熱に使用する『セルロースファイバー』は優れた断熱材であるとともに中に含まれる『ホウ酸』による効果で防火性能、防虫性能があり、さらに防音効果、木材をはるかに上回る調湿性能を併せ持っています。

結露やカビ、ダニの発生がないに等しく、アトピーや喘息に悩まれておられる方が健康を取り戻される為になくてはならない住まいと考えています。

現場の方は、現在外断熱のポリスチレンフオームを張りつつあり、内断熱のセルロースファイバーも来週月曜日から施工する予定です。

是非施工途中の現場をご覧いただければ内容の良さがお判りいただけると思います。

«

»