山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

断熱改修と内装工事

2008年 05月 07日 (水)

冬寒く、夏暑いという築後30年になる建売住宅の二階の洋室を改装するため、天井と壁を解体してみました。

林.JPG

予想どうり、天井も壁も断熱材が入っていませんでした。床板は張り替えませんので床下の断熱は出来ませんし、サッシも取替えませんので完全な断熱改修は出来ませんが、部屋の四方の壁と天井にロックウールを入れようと思います。

家全体の気密が悪く、隙間風もかなり入るので完全な断熱改修をするには床、壁、天井を全てボード状の断熱材を張って気密を取り、樹脂サッシを内部枠に取り付けることが一番良いと思います。

しかし、部屋が狭くなる事、コストがかかる事などマイナス部分もあり、今回は壁と天井のみにロックウールを入れる断熱改修にしました。

断熱改修とともにクローゼットを取り付けて内装改修もします。

«

»