山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

ダウ化工の勉強会

2008年 04月 22日 (火)

おはようございます。宇部市で断熱にこだわった家づくりをしているトータルハウジングの坂田です。

昨日ダウ化工の特許外張り工法の勉強会がありました。住宅の断熱施工にこだわりのある私にとっていろんなメーカーの断熱工法には興味があるため、機会があれば参加しています。

『ダウ化工』といってもぴんと来ないという人も、『スタイロフォーム』といえば知っている人が多く、『スタイロ畳』として有名です。

スタイロフォームは、JSPのミラフォーム、カネカのカネライトなどと同じ押し出し法ポリスチレンフォームです。熱伝導率などはどのメーカーも一緒です。

スタイロ断熱工法としては、カネカのソーラーサーキットのように完全外断熱という事だけでなく、屋根断熱と天井断熱の2タイプに床断熱、基礎断熱、土間床の3通りを組み合わせる6種の断熱方法をそろえています。

完全外断熱は、屋根断熱タイプの基礎断熱のみです。基本的に床下の換気孔はなく、床下は一年中閉鎖されたままです。一階床との通気もとられておらず、床下空間の状況に不安があります。

メーカーの方に質問しても確立したものがあるわけではなく、湿度対策を考慮すべきこの地域においては何らかの床下換気対策をしなければならないと思います。

カネカと違って良いと思ったところは、防蟻断熱材の『スタイロフォームAT』や遮熱機能を備えた『スタイロラスター』を上市しているところです。

それぞれのメーカーやしがらみにとらわれず良いものを取り入れて、お施主様にとって良い家をつくって行きたいと思います。

«

»