ファイバーエース(セルロースファイバー)の特徴

山口県宇部市の注文住宅ならトータルハウジング

スタッフブログ

ファイバーエース(セルロースファイバー)の特徴

2008年 03月 07日 (金)

これからの住宅資材は、地球環境に優しくなくてはなりません。

地球に優しい断熱材ファイバーエース(セルロースファイバー)は古新聞をリサイクルしたものです。製造過程でも一般的で多く使われている内断熱材のグラスウールを製造するよりも格段に少ないエネルギーで製造する事が出来ます。

ファイバーエースは地球の将来を考えたエコロジーな断熱材なのです。アメリカでのセルロースファイバーのシェアは、グラスウールを抜いて普及率トップとなっています。

調湿効果

ファイバーエースには湿気を吸収・放出する性能がありますので、内部結露から家を守り長持ちする住宅を造ります。

防虫効果

ゴキブリ(ホウ酸)団子でお馴染みのホウ酸に似た成分(ホウ素系素材)が含まれているので防虫(殺菌)効果があります。ゴキブリはもちろん、カビ、ダニ、虫類、ねずみなどを寄せ付けません。

防音効果

音を吸収する沢山の小さい穴(多孔性)を持つファイバーエース(セルロースファイバー)は、車の音や話し声などの騒音をやわらげます。高密度に充填することにより、さらに騒音を少なくする事が出来ます。

難燃性

ファイバーエース(セルロースファイバー)は新聞紙で出来ているので燃えるのではないかと思われがちですがホウ素系素材という成分が22パーセント入っているため難燃性があります。

ホウ素系薬剤は物に吸着すると一瞬にして相手から水分を奪う性質があります。表面だけ燃えると今度はホウ酸がまた水を相手に戻す性質があるため、それ以上燃え広がりません。

国に認められた確かな工法ですので、火災保険料が割引になります。

«

»