山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

トイレの改装工事

2008年 03月 11日 (火)

約30年使用したトイレを解体してリフォームする事になりました。

トイレー1.JPG

写真は解体前に撮ったもので、撮影後すぐに解体に入りました。

解体終了後、給水管、配水管は必ず屋外の分岐の所から新しいものに取替えます。

配管が終わったら即大工工事です。30年前頃の乾式工法の住宅の室内の間仕切壁は『タルキ』と『胴ぶち』で作ってあり、土壁や間柱工法をずっと見てきた私にとってなんとも心細い壁です。

断熱材も入ってなく、床、壁に断熱材を入れてから床貼り、壁貼りになります。

トイレー2.JPG

写真は、根太の間にポリスチレンフォームの断熱材を入れたところです。内断熱ですので完璧な断熱は出来ませんが、床下から直接受ける冷気を防ぐ事は出来ます。壁には、100ミリの『ロックウール』を入れます。

今週の土曜日には完成します。

«

»